コンテンツへスキップ

初めてのお客様へ

ナプロシン(ナイキサン・ジェネリック医薬品)

ナプロシンは、関節痛や腰痛、リウマチ、痛風などの痛み止めとして用いられる鎮痛剤で、ナイキサンのジェネリック医薬品となっています。有効成分のナプロキセンの働きによって、プロスタグランジンの生合成を抑え、炎症や腫れ、熱を取り除き、痛みを緩和させる効果が期待できます。また生理痛の痛み止めとしても使用することができます。ナプロシンはNSAIDS(非ステロイド抗炎症薬)に分類され、即効性があり、副作用が少ないことから人気の商品です。様々な原因による痛みのせいで日常生活に差し支えのある方にお勧めとなっています。

価格: 1,3621,920

なるべく空腹時を避けて、水またはぬるま湯で服用して下さい。
リウマチ性関節炎、硬直性脊椎炎、骨関節炎に対して使用する場合、通常成人は1回250mgまたは500mgを1日2回服用してください。急性骨格筋系障害、月経困難症に対して使用する場合、通常成人は開始量として500mgを服用し、以後6~8時間ごとに250mgを服用してください。1日の最大用量は1250mgとなっています。痛風発作に対して使用する場合、通常成人は開始量として500~750mgを服用し、以後8時間ごとに250mgを服用してください。年齢や症状に応じて適宜増減してください。
腹痛や胃痛、胃腸障害、食欲不振、吐き気、悪心、発疹、浮腫、口内炎などがあります。
6~12時間
ナプロキセン
アールピージーライフ

妊娠中や授乳中の方は服用を控えることを推奨します。服用中の飲酒はなるべく控えてください。重い心臓病、重い肝臓病、重い腎臓病、重い血液疾患、重い高血圧、胃潰瘍など消化性潰瘍のある方、冠動脈バイパス手術の前後の方は服用をお控えください。アスピリンやNSAIDsに喘息などのアレルギーの既往歴がある方は服用しないでください。喘息発作を起こす場合があるのでアレルギー体質や喘息の方は注意して服用するようにしてください。また肝臓病、腎臓病、高血圧、心臓病、血液疾患、潰瘍性大腸炎、クローン病、消化性潰瘍の既往歴、齢者、インフルエンザなどのウイルス性感染症に羅患中の方は服用に際し慎重な注意が必要になります。禁忌ではありませんが飲み合わせがよくない薬が多く存在するため、服薬治療中の方は事前に医師に相談してください。

子供の手の届かないところで、高温多湿を避けた室温(1~30℃)で保管してください。

申し訳ありませんが、現在の選択に一致するレビューはありません

関連する商品

ボベラン(ボルタレン・ジェネリック医薬品)

8007,200

ボベランSR(ボルタレンSR・ジェネリック医薬品)

7003,561

インドメタシン

2,1505,250

ズリッグ (フェブリク・ジェネリック)

1,6002,560

セレブレックス

5,1407,800

よく一緒に購入されている商品

ボベラン(ボルタレン・ジェネリック医薬品)

8007,200

ボベランSR(ボルタレンSR・ジェネリック医薬品)

7003,561

インドメタシン

2,1505,250

ズリッグ (フェブリク・ジェネリック)

1,6002,560

セレブレックス

5,1407,800

履歴に基づくおすすめ商品

カテゴリー

言語設定