コンテンツへスキップ

初めてのお客様へ

フルボキサミン(ルボックス・ジェネリック医薬品)

フルボキサミン(ルボックス・ジェネリック医薬品)は、不安障害、強迫性障害、社会不安障害を改善するための抗不安薬です。意欲を高めて、気分の不安感をやわらげる作用があるため、うつ病のほか、強迫性障害や不安障害の治療などに用いられています。他にも気分障害や、外傷後ストレス障害の治療にも有用です。有効成分であるフルボキサミンマレイン酸塩は、SSRIと呼ばれる選択的セロトニン再取り込み阻害剤で、脳内のセロトニンの働きを強める効果があります。そのため意欲が高まり、憂うつな気分が解消され、気持ちが前向きになるよう働きかけます。セロトニンは、気持ちを安定させるためのバランスを保つ役割を担っており、うつ病になるとセロトニンと呼ばれる脳内の伝達物質が弱まってしまいます。それによりセロトニンが不足すると、不安感や不眠やイライラなどの症状を起こしやすくなると言われています。フルボキサミン(ルボックス・ジェネリック医薬品)は副作用も少ないことから、安全性も高く、他の抗うつ剤での強い副作用で悩んでいる方におすすめの治療薬となっています。

価格: 9802,980

水やぬるま湯で服用してください。
50~150mgを1日2回服用します。初めての場合は、1日50mgから服用を始めてください。
眠気、嘔気、悪心、口の渇き、便秘、倦怠感、めまい、頭痛、稀に起きる重大な副作用としてアナフィラキシーショック、セロトニン症候群、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群、痙攣などがあります。
フルボキサミンマレイン酸塩
サンファーマ

1日で服用できるのは150mgまでです。1度に大量を服用しても、効果が強く出るわけではありません。本品を服用中は、アルコールの摂取を控えてください。服用中に体調に異変を感じた場合は、服用を中止して医師の診察を受けてください。服用中は眠気や意識消失など意識障害が起こる場合があるため、車の運転や危険を伴う機械操作などは行わないでください。服用量を急に減らしたり、服用を中止すると頭痛や吐き気、めまい、不安感、不眠、集中力低下などの症状が現れることがあります。もし服用を中止する場合は、医師に相談したうえで服用量を徐々に減らすなど、医師の指示に従ってください。

直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所で小さな子の手が届かないところで保管してください。

申し訳ありませんが、現在の選択に一致するレビューはありません

関連する商品

リスコン(リスパダール・ジェネリック医薬品)

2,7603,160

サニームード75錠

3,566

フォンクセラ(海外版トリンテリックス)

2,7764,860

モゼップ(オーラップ・ジェネリック医薬品)2mg 100錠

3,400

ストレス&ムードバランス・プロバイオティック120錠

3,188

よく一緒に購入されている商品

リスコン(リスパダール・ジェネリック医薬品)

2,7603,160

サニームード75錠

3,566

フォンクセラ(海外版トリンテリックス)

2,7764,860

モゼップ(オーラップ・ジェネリック医薬品)2mg 100錠

3,400

ストレス&ムードバランス・プロバイオティック120錠

3,188

履歴に基づくおすすめ商品

カテゴリー

言語設定