コンテンツへスキップ

初めてのお客様へ

ゾニセップ(トレリーフ・ジェネリック医薬品) 25mg 50カプセル

ゾニセップはペット用のてんかん治療薬で、トレリーフのジェネリック医薬品となっています。てんかんの初期治療や発作のコントロールが難しい場合の追加薬として使用されており、副作用の軽い治療薬でけいれん症状を抑えることができます。有効成分のゾニサミドによって、脳内の異常な電気活動を抑制することで、繰り返す発作を抑える効果が期待できます。本剤のみで治療した場合でも、症状が安定しない複雑なタイプのてんかんにも優れた作用を示しています。ヒトのパーキンソン病治療薬としても使用されていますが、ペットのてんかん治療に対しても安全に使用できることが特徴となっています。

価格: 2,016

カプセルをそのまま与えるか、フードに混ぜて与えてください。確実に全量を飲み込んでいることを確認し、しばらく様子を観察してください。
犬に対しては、体重1kg当たり5〜10mgを1日2回投与してください。(通常5mgから開始します。)猫に対しては、体重1kg当たり5〜10mgを1日1回、あるいは体重1kg当たり5mgを1日2回投与してください。ペットの状態や獣医師によって治療方法が異なるため、詳細は獣医師にご相談ください。
眠気、食欲不振、γ-GTP・ALP・ALT(GPT)・AST(GOT)の上昇など、無気力・自発性低下、悪心・嘔吐、運動失調、倦怠・脱力感、精神活動緩慢化などがあります。
ゾニサミド
サンファーマ

次の場合は使用しないでください。過去にゾニセップ(ゾニサミド)25mgと同じ有効成分を使用して異常が現れたことがある場合、獣医師が処方したペット以外の動物やヒト、生後6ヶ月未満のペット、肝機能障害や腎機能障害がある場合、妊娠中や授乳中、将来繁殖を希望しているペット。治療開始前に必ず血液検査を行い、肝臓や腎臓の機能をチェックしてください。治療開始後は、定期的に獣医師の指示に従って血液検査を行ってください。また症状の変化に伴って投与量を調節するため、必ず獣医師の再診を受けてください。効果を最大限にするために毎日同じ時間に投与するようにしてください。飲み忘れが生じた場合は、気づいた時点ですぐに飲ませることが好ましいですが、獣医師に確認してください。ペットが確実にカプセルを全て飲み込んでいることを確認してください。投与した直後に運動はさせないでください。

子供の手の届かない所に保管してください。30℃以下の涼しい場所に箱から出さずに保管してください。

申し訳ありませんが、現在の選択に一致するレビューはありません

関連する商品

フロントラインプラス 犬用

4,94011,400

ドロンタールキャット猫用 24錠

9,850

ラクサペット(犬猫用・下剤) 400mg/g 100gm

2,898

ストロングホールド 子犬&子猫用(2.5kg以下) 15mg 0.25ml x 3ピペット

3,500

セラフォーテ 犬・猫用(レボリューション・ジェネリック医薬品)

4,5005,200

よく一緒に購入されている商品

フロントラインプラス 犬用

4,94011,400

ドロンタールキャット猫用 24錠

9,850

ラクサペット(犬猫用・下剤) 400mg/g 100gm

2,898

ストロングホールド 子犬&子猫用(2.5kg以下) 15mg 0.25ml x 3ピペット

3,500

セラフォーテ 犬・猫用(レボリューション・ジェネリック医薬品)

4,5005,200

履歴に基づくおすすめ商品

レビュー

レビューはまだありません。

“ゾニセップ(トレリーフ・ジェネリック医薬品) 25mg 50カプセル” の口コミを投稿します

カテゴリー

言語設定