個人輸入とは?

近頃よく耳にする『薬の個人輸入』。なぜわざわざ海外から薬を取り寄せするのでしょうか?初めての方にとっては心配も多いと思いますが、実はうまく活用すれば大変お得に購入できる方法なのです。

海外医薬品の個人輸入は違法ではありません

『個人輸入』も海外旅行などで現地で薬用品などの購入時と同じように、内容や数量などを税関で申告することが義務付けられています。申告さえすれば、個人的に使用するための輸入は認められており、違法ではありません。ただし、購入時は医薬部外品やサプリメントの扱いであっても、日本では『薬』の扱いになるものがありますので、注意が必要です。規定は全て、薬事法に沿って決定されています。

日本国内にいながらにして、海外医薬品をお得に入手できるのが『個人輸入』

海外には、日本ではまだ出回っていないジェネリック薬も多く存在します。ご存知の通りジェネリック薬とは、新薬とほぼ同成分でありながら安価で入手できる薬のことです。数多くの種類があるため、日本の厚生労働省が認可している薬を調べるのも容易ではありません。その面倒な部分を担っているのが私ども『輸入代行業者』となります。然るべき業者のみが輸入の代行を認められていますので、安心してご利用いただくことができます。ただし、購入時は医薬部外品やサプリメントの扱いであっても、日本では『薬』の扱いになるものがありますので、注意が必要です。規定は全て、薬事法に沿って決定されています。

個人輸入するメリット

一番のメリットはやはり、良質の薬を安価で入手できることでしょう。日本よりもジェネリック薬品が普及している海外では、多くの薬のジェネリック薬品の中から選ぶことができます。効果に変わりないのであれば、安価に入手できることが最大のメリット言えます。

プライバシーを守って入手できる

『個人輸入』で多く購入されている商品は男性用ED治療薬であるように、病院に行かなくても購入できるという点も大きい理由のようです。ピルなどの避妊薬や性病のお薬など、受診することに抵抗があったりすでに経験済みで必要なお薬がわかっているような場合など、できれば誰にも知られずに購入したいという心理にも合った購入方法であると言えます。このように、もう1つの大きなメリットとしては、『個人輸入』は基本的に通信販売なので、プライバシーが守られるという点です。ED治療薬やAGA治療薬などもプライバシーが守られることで恥ずかしい」や「めんどう」といったことからも解放されるというわけです。ただし、購入時は医薬部外品やサプリメントの扱いであっても、日本では『薬』の扱いになるものがありますので、注意が必要です。規定は全て、薬事法に沿って決定されています。

『個人輸入』は処方箋がなくても購入できる

日本では日本の薬事法に則って、病院で診察した際、医師が処方する薬の量や使用法をに関する指示書のようなものを書いてくれ、それを基に薬剤師さんからお薬が出されます。これがいわゆる処方箋ですが、『個人輸入』で海外医薬品を入手する場合、処方箋を提出する必要がありません。そのため、日本ではまだ認可されていない薬でも『個人輸入』により入手できることなどがあります。

個人輸入の注意点

『個人輸入』で購入する医薬品は、あくまでも自身使用分のみ。転売目的の購入は禁じられています。また知人の分を一緒に購入するということもおやめください。女性名義の購入であるにも関わらず、男性用商品であったために、転売を疑われたというケースもございます。たとえ家族であっても本人名義での購入をお願いします。

処方箋なしで購入できますがここにも注意が必要

処方箋なしで購入できることから、病院にかからなくても任意の薬をしかも安価で購入できるというメリットがありますが、それはつまりその薬についての知識がなくてはいけません。いつも飲んでいる薬だからと安心して購入したのにアレルギー反応が出たというケースのほとんどの原因は「飲み合わせ」によるものです。処方箋がないということは、普段飲んでいる他の薬について聞かれることもないので、飲み合わせなどの情報を事前に調べておく必要があるということです。これさえ怠らなければ、いつもの薬を安価で購入できるというメリットしかないとも言えます。

薬事法とは?

「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」「医療器具」などを品質調査し、安全性や効果などを管理していくための法律です。また、保健衛生の向上を目的としています。『薬事法』そのものに単独での効果があるというものではありません。『薬事法』の中には、厚生労働大臣の承認取得や地方厚生局での証明を受けるよう規定しています。国内生産されている薬に限らず、海外から持ち込まれる薬に対してもある程度の規定を設けています。

『薬事法』では、海外の医薬品を個人使用する場合に限り輸入を認めています

販売目的でないのなら、個人輸入を代行することも認められています。「個人使用する場合において」というのがポイントとなります。個人使用を証明するために数量が制限されている場合があります。薬事法では日本で認可されていない薬であっても個人使用目的であれば輸入できるとされていますので、よく理解して賢く利用していくことをおすすめします。

薬の個人輸入の現状

日本の法律で未承認であっても海外で承認されている医薬品は多く、それらの医薬品は個人輸入で購入することができます。 国内で未承認の医薬品が承認されるには多大な時間がかかるので、自分で入手方法を探すことが賢明です。 最適な個人輸入方法は国内のサイトを利用して購入することです。 個人で海外のサイトに発注することにはリスクが伴うからです。 日本のサイトであれば責任が明瞭であり、価格も円で払われるので余計な心配はいりません。 当サイトも海外の医薬品を個人輸入したい日本国内のユーザーに向けて作られています。

薬の個人輸入に関して

ソルケアは法律に則って薬の個人輸入の代行を行っておりますので、安心して商品をご発注頂けます。 海外では販売されていても日本では手に入らない薬は多く存在します。 そういった薬は海外の検査機関が責任をもって承認したものであり、その安全性は販売国で担保されているといえます。 日本ではそれらの薬を処方してもらうことはできませんが、一定の分量に限り個人が自分で使用するのであれば、個人で輸入することが法律で認められています。 つまり業者に依頼すれば法律に違反することなく安全にお手元に届くことになります。

薬の個人輸入制限と薬事法

海外の薬を購入するには当事者が個人で輸入をするか、もしくは代行業者に依頼をするかのいずれかです。 このような輸入行為は法律で規制されているので、法律に則った対応が必要になります。 この場合の法律に則った行為とは「決められた分量以内でありかつ税関からの確認を受けること」とされています。 税関の確認を受けるには厚生労働省に決められた書類を提出することから始まります。 営業目的ではなく当事者のみが利用する分量であることも要件になります。 日本の薬事法は個人による海外の医薬品の輸入を、注文数は2ヶ月分未満でありかつ個人的な利用に限る、と定めています。 つまり難しく思える個人輸入もこの原則を守れば問題なく購入することができるわけです。 この「注文数は2ヶ月分未満」の定義には注意が必要であり、その薬が一箱でどの程度の分量が入っているかを常に確認してください。既定の分量を超えていると税関を通過できないことがあります。 また個人輸入の場合は本名を記載することが求められます。これも税関で確認されるルールなので適正に発注者の情報を記載してください。